1月22日の今日のカードは哀憐の女神 イナンナと業風の女神 ニンガルでした。

竜神烈伝に収録されるジェネシスのGユニットです。

アマルーダにもちゃんと強化が来ましたね。

今回は業風の女神 ニンガルについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

業風の女神 ニンガルの性能

G2 10000

【自】:天啓 – (V)/(R)(指定サークルに登場時、山札の上を見て、そのカードをソウルに置いてよい。置いたら、あなたの【スタンド】のリアガードを1枚【レスト】する)

【永】【(V)/(R)】:カードの効果で、このターンにあなたのソウルにカードが置かれていないなら、このユニットはヴァンガードにアタックできない。

 

Vでも天啓が使える

ニンニルに続きヴァンガードでも天啓が使えるG2ユニットがきましたね。

正直これだけでもかなりの強化だと思います。

さらにニンガルはパワー10000なので序盤にかなり強くなりました。

今まではG2はカードプールの少なさからコトノハで妥協していた印象ですが、ニンガルは4積み必須レベルで強いですね。

 

スポンサーリンク

 

デメリット

カードの効果でソウルに何かしらカードが入ってないとVにアタックできないデメリットがあります。

自身が天啓を持っているので攻撃できなくなることはないですが、天啓で見たカードがトリガーだったら渋いやつですね。

特にそれがヒールだったりしたらファイトにかなりの影響が出てきそうです。

G3を引けていないときにも困ると思います。

天啓が前提でG3を絞っている構築も多いですからね。

手札にまぁるがる互換などがあれば問題はないですが、天啓で見たカードがヒールやG3だった場合は割り切るしかないです。

 

まとめ

業風の女神 ニンガルはVでも天啓が使える優秀な10000ユニットでしたね。

アマルーダ軸のデッキはまだまだカードプールが少なかったのでいい強化ですね。

天啓なのでフェンリルのデッキでも普通に使えるのもうれしいポイントです。

個人的には神器しかデッキを持っていませんが、友人がアマルーダを持っているので対戦は楽しみです。

>>竜神烈伝の予約はこちら

 

スポンサーリンク