今回は蒼波軸(ヴァレオス軸)のデッキレシピについて書いていきたいと思います。

究極超越発売後に書こうと思っていたのですが、正直サボってました。

先週のアニメでヴァレオスがファイトしてたので久しぶりにデッキを調整してみました。

やる気なくなる前に記事にしておきますw

 

スポンサーリンク

 

蒼波軸のデッキレシピ案

G4

絶海のゼロスドラゴン メギド×1

蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴン×4

蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン×2

慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス×1

波濤帥将 アレクサンドロス×1

天羅水将 ランブロス×2

蒼波鎧将 ガルフィリア×2

天水護将 イオアネス×1

蒼嵐障竜 アイスバリア・ドラゴン×1

ライトエレメント アグリーム×1

 

G3 

蒼波元帥 ヴァレオス×4

蒼波竜 アーセナルフリート・ドラゴン×3

 

G2

蒼波水将 フォイヴォス×4

蒼波水将 ルキアノス×4

蒼波水将 ガレアス×2

タイダル・アサルト×3

 

G1

蒼波盾将 ヨルゴス×4

蒼波兵長 ベラギオス×3

ケルピーライダー ニッキー×4

戦場の歌姫 クロリス×2

 

G0

蒼波兵 ブルータル・トルーパー×4 ☆

スーパーソニック・セイラー×4 ☆

蒼波兵 ブルーギル・トルーパー×4 引

蒼波工兵 リフィット・セイラー×4 治

蒼波竜 ダガーマスター・ドラコキッド×1 FV

 

普通の蒼波構築です。

蒼波は強い時と弱い時の差が激しく安定感はないのですが、回していてかなり面白いデッキです。

特に難しいのはコスト管理ですね。

CBとソウルが本当に足りないので、うまくやりくりするプレイングが必要になります。

 

スポンサーリンク

 

各カードの採用理由

Gゾーン

メギドとフラッドハザードは問題ないと思います。

両方とも蒼波軸の核となるカードです。

展開力がないので、メギドはいざという時に究極超越のコストは確保しておきたいですね。

特に言うことはありません。

テトラボイルは主に先攻Gガーディアンをした時に出番があるカード。

フラッドハザードは3→1ドライブ(手札2枚捨て)なのに対して、ボイルは2→2(手札1枚捨て)なので先行Gガーディアン時は手札損失が少なくなります。

フラッドハザードはリアガードの4回目の攻撃が蒼波名称じゃないとスタンドできないのに対し、ボイルは何でもいい点も差別化できていますね。

しっかりとGB3を達成しているときは手札損失は同じですが、フラッドの方がドライブ数が多いのでボイルの出番は少なくなります。

枠的にも1セットでいいでしょう。

ウェイリング・サヴァスは2回目の超越で相手のハンドに完全ガードが2組以上あるのが分かっているなら選択肢となるカード。

まぁほとんど使いませんけどね。

アレクサンドロスはリンクジョーカー相手なら初回に選択肢になります。

ガルフィリアを表返しましょう。

ウェイリング、アレクサンドロスは単純に終盤4回攻撃できない時も強いです。

ランブロスはCBを使わないので1セットあるとたまに出番があるやつです。

先攻Gガーディアンをした後は10000パンプが強いです。

攻撃順番的にアーセナルやルキアノスとかなり相性がいいので、CBがどうしても足りないときは候補になります。

ヴァンガードG初期のカードなのにまだ現役なのはすごいw

Gガーディアンはそれっぽい感じで!

ガルフィリアがいるのである程度呪縛には対応できますが、カオス相手には無理です。

ビクトールみたいに何回も表返せないし、ソウルも足りないので2枚でいいと思います。

このデッキは素引きでしか展開できないのでアグリームは必須ですね。

 

スポンサーリンク

 

G3について

サブはアーセナルが安定ですね。

配分は個人の好みって感じですが、アーセナルは1枚ドロップに落ちていれば回収スキルは間に合うので4枚は多すぎるし、2枚だとライド事故が不安なので結局3枚になりました。

ヴァレオスのスキルやフラッドハザードのGB3で16000ラインになるのが好きです。

アンガーボイルは入れたい気持ちはあるのですが、ボイルが1セットしか入っていないので別の軸で使うことになりそうです。

 

G2について

フォイボスは単純に強いので4積み。

序盤から終盤まで活躍するメインアタッカーです。

ルキアノスはG3先乗りからしか使えませんが、最低限の展開で押さえたいときには便利なので4枚です。

アーセナルと役割が被るので2~3枚にするのもありですね。

ガレアスは手札コストが痛いものの、1枚でフラッドハザードのスタンド条件を満たすことができます。

初回超越時は捨てる手札が完全ガードかヒールしかない場面も多く余裕はないので、採用は意見が分けれるカードです。

ルキアノスとフォイボスとも攻撃順番的に相性が悪いですしね。

でも強いことには変わりないので、自分は2枚採用しています。

2超越目の時に1枚引けてれば使おうかなといった感じ。

ライド要因になることが多いですw

タイダルアサルトは蒼波名称ではないですが、単純に強いので採用。

これも採用を迷っている人が多いイメージ。

CBを使わないで攻撃回数を確保できるのがかなり便利。

フラッドハザードは4回目の攻撃が蒼波である必要がありますが、プレイングでなんとかなるので大丈夫です。

ヴァレオスの超越ボーナスが支払えなくなる可能性があるのでライドはしたくないですね。

非名称なので3枚の採用にしましたが、4枚でも問題ないと思います。

メドラもCBを使わずに攻撃回数を増やすカードとして優秀です。

かげろう、リンク相手にはかなり活躍します。

ただ元々のパワーが8000で序盤は弱いのが気に入らないので不採用になりました。

完全ガードのヨルゴスで後列攻撃は付与できますしね。

カオスを強く意識するなら優先して入れたいカードです。

 

スポンサーリンク

 

G1について

G1は正直蒼波名称で強いカードがいないです。

なので一番主張のあるニッキーは絶対に4積み。

クロリスはかげろうやリンクには無意味ですが、退却のないクランには超強いので採用。

完全ガードのヨルゴスやヒールトリガーはバインドゾーンに能動的に置けるので守りが固くなります。

ただ非名称な上にパワー6000なので引けたらラッキーくらいの気持ちで2枚採用になりました。

アビサル互換のベラギオスは他にいいG1がいなかったから消去法で入れた感が強いです。

スタンドスキルはブースト先のリアガードが寝てるパターンが多いので意識しないとうまく活かせないです。

ヴァレオスのライド時スキルでパンプさせて、フラッドハザードと合わせれば前列で単体11000になれるので悪くはないのですが。

あとはヨルゴスで後列攻撃を付与してトリガーをベラギオスに振ったり。

全体的な枠の問題で3枚の採用になっています。

この枠はクロリスに割くのもありです。

ブライトシューターは究極超越コストを回収できますし、一見強そうなのですが、タイミングがかなり遅いので微妙に感じました。

一応ベラギオスでG3を落として、序盤に4回攻撃すれば回収はできるんですけどね。

ベラギオスとブライトシューターをコールしつつ、4回攻撃を決めるのはかなりハードルが高いので結局不採用です。

他の候補としてはスコープセイラーもいいですね。

スキルが判明した時はめっちゃ文句言っていたのですが、使ってみると思ったより使いやすかったです。

ソウルが全然足りないので余裕はないですが、4000パンプが結構活きるし、手札に戻るので無駄がありません。

クロリスとの選択って感じですね。

他蒼波G1のキモンはコスト無理だし、サブマージは単純に弱いので不採用。

完ガも意見が分かれますね。

僕はヨルゴスでいいと思います。

ドロップに落ちていればすぐに使えるし、プラトンは非名称なのでライドするとヴァレオスのボーナスコストを支払えなくなる可能性があります。

プラトンだとG1は半分以上が非名称になるし、G2でタイダルに乗った時はかなり痛いです。

ヨルゴスはすぐバインドしてクロリスでガードに使えるのもポイントですね。

CB回復もタイミングが遅いし、ヴァレオスのライド時スキルでコールすることもできないので。

プラトンはサヴァスデッキに入っているので、5枚目以降を買いたくないっていう個人的な都合もありますw

 

スポンサーリンク

 

FVとトリガー配分

Fvはダガーマスターが残った時は一番強いですね。

初回超越でフラッドハザードの5回目の攻撃でノーガードを許さないのがかなり強いです。

他の連続攻撃ユニットと合わせるとCB消費が激しいのが使えない場面もあります。

本当は序盤にCBを使わずに1:1交換できてソウルインするFVが良かったのですが、バブルエッジだけでした。

バブルエッジはノーコストソウルインで1:1交換以上はできますが、4回攻撃が序盤に安定しないないのでやめました。

そもそもバブルエッジを採用したい理由が主にかげろうなので、展開して4回攻撃したら焼かれて簡単に返されてしまいます。

序盤退却されるのが嫌だからバブルエッジ入れるのに、タイダルとかフォイボスを展開したら意味ないじゃんってことです。

素直にダガーマスターでいいかと思います。

コスティはリア裏にコールしないと使えないし、ソウルに入らないのが気にくわないので不採用。

ヨティスは悪く無いですが、GBだしダガーマスターでアド取ってガード強要した方が結果的に手札削れると思うので不採用。

トリガー配分はシンプルに☆8引4治4です。

クリティカルのトルーパーとソニックセイラーはデッキを支える重要なカードなので1枚も抜けません。

蒼波は完ガ、ヒールを持っていないと防御力がないし、素引きがメインになるデッキにドローは絶対欲しいです。

でも初回フラッドハザードはドライブでクリティカルを捲ればかなり有利なので、☆12もありだと思っています。

蒼波のスタンドトリガーも序盤から出していけるし、ヴァレオスのボーナスがあるので相性は悪く無いです。

ドローにもかなり助けられてるし、ちょっと悩みどころではありますね。

ガレアスも入れてますし、単純にソウルイン3000パンプしてガルフィリアみたいな流れもあるので自分はドローの方がいいかなと思います

 

まとめ

蒼波はとにかく初回超越時の安定感がないので序盤のリアガードは考えてコールしたいところです。

逆に決まれば初回でファイトを終わらせることもできるのが蒼波の強みですね。

ていうかアクアフォースが大体そうですよね。

環境的には妨害に強いサヴァスの方が多い印象ですが、蒼波も普通に戦えると思います。

蒼波は今かなり安く組めるようになっているので、強さと安さを求めるならかなりおすすめのデッキです。

興味がある方は是非組んでみてください。

 

スポンサーリンク