今日の週刊ヴァンガ情報局で竜神烈伝に収録されるダークイレギュラーズのカードが公開されました。

魂を狩る者 バラム、ベイルファル・リプレッサー、絶縁の堕天使 アクラシエルの3種です。

半分はアニメで判明してましたけどね。

今回はベイルファル・リプレッサーについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

ベイルファル・リプレッサーの性能

G2 9000

自【R】GB2 深闇:このユニットがアタックした時、あなたのソウルが8枚以上なら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000し、相手は自分の手札からグレード0のカードをGにコールできない。

 

ベイルファル・リプレッサーはGB2の深闇でアタック時ソウルが8枚以上なら10000パンプしてG0のガード制限をします。

バラムがG1のガード制限なので、Gガーディアン以外ガード不可になりますね。

ソウル8枚以上というのもGユニットとヴァンガードの超越ボーナスなどで無理なく達成できます。

10枚だと結構きついこともあるのですが、8枚なら結構いけそう。

ドッペルヴァンピーアのほぼ上位互換です。

ドッペルはソウルの枚数指定やGBなどで完全劣化とはいいませんが、使う人はほぼいないでしょう。

まぁ元々あんまり使っている人いなかったですよねw

ダストともなかなか相性がいいですよね。

完全ガードはダストに切りたいだろうし、10000パンプしたG0のガード制限はかなり厄介です。

新規のシャルハロートは究極超越のコストも確保しやすいですし、なかなかイケてると思います。

 

まとめ

ベイルファル・リプレッサーは雑に強いガード制限のアタッカーでした。

これでCのレアリティなので破格の性能です。

ソウルを貯めたり、アドを稼ぐことはできないので油断はできないですが、基本4積みしてもいいのではないでしょうか?

罪シャルハロートはRで同じ役割を果たせるので、リプレッサーは少し抑えてもいいかも。

発売後のデッキ構築が楽しみですね、

 

スポンサーリンク