今日の週ヴァンZで破壊の竜神 ギーゼの正式なテキストが判明しました。

デッキにゼロス全種が入れられるとか相手のターンにギーゼが居座るとか色々予想されていましたね。

自分もまだ全部把握しているわけではないのですが、適当に感想を書いていきたいと思います。

>>ギーゼの詳しい説明は公式サイトから

 

スポンサーリンク

 

破壊の竜神 ギーゼ(ネオンギーゼ)の性能

ネオンギーゼ

G0、5000
自動、このユニットがライドされた時、このカードをGゾーンに置く(GBに数えない)。

永続、Gゾーン:あなたはトリガー効果のうち、パワー増加を「あなたのGゾーンからゼロスドラゴンを1枚まで選び、表でバインドする」に変更する

永続、Gゾーン:あなたのバインドゾーンの<ゼロスドラゴン>は他の領域に移動できない。

究極超越 「破壊の竜神 ギーゼ」(あなたの、ヴァンガードがグレード3でバインドゾーンに<ゼロスドラゴン>が5種類なら解放!)ストライドステップ、あなたのヴァンガードと同名のカードを1枚選び、捨てる:あなたの他のサークルとソウルとGゾーンのカードをすべて除外し、このカードを裏返し、Vに超越する。

 

破壊の竜神 ギーゼ

G4、30000

自動:このユニットがVに登場した時、あなたのバインドゾーンから<ゼロスドラゴン>を5枚選び、別々のRにコールする。

永続、V:あなたのライドと<ゼロスドラゴン>以外のリアガードをコールができない。あなたのユニットすべてはGゾーンに戻らず、このカードとあなたのガーディアン以外の影響を受けない。あなたのリアガードはアタックされない。

自動、V:あなたのターン開始時、あなたのRの<ゼロスドラゴン>1枚につき、相手のヴァンガードに1ダメージ。

 

スキルの詳細は公式サイトに書いてあるので省きますが、基本的に乗ったら勝ちのカードですね。

両面も仕様なのは皆さんもかなり驚いたのではないでしょうか?

 

  • 先駆を使えない
  • トリガーの5000パンプが乗らない
  • Gゾーンの枠を圧迫する

 

このようなデメリットはあるので、とりあえず思考停止で入れるカードではなく、ちゃんとギーゼに特化した構築になりそうです。

特にトリガーで5000パンプ乗らないのは、序盤に確実に3パンされる要因になってかなり痛いと思います。

ダメージを詰める必要がないのでドロー12ヒール4とかになりそうですね。

ギーゼに究極超越するまでにトリガーを5枚引かないといけないので、そこそこ運も絡んでくるかも。

すべてのデッキで使うことができるので、色々悪さを考えているファイターも多いでしょう。

個人的にはダメージチェックの試行回数を稼げるガウリールやデッキ操作が得意なバトルシスターとかは結構いいんじゃないかなと思います。

基本的に初回まで守りの固いデッキとかが強そうですね。

他にも何か悪いことできそうな軸があったら教えてください。

 

まとめ

一番の感想としては面倒なのが来たなといった感じです。

ゼロスドラゴンを5種類集めるのがデッキを組むのに一番の障害になりそうです。

自分も何だかんだゾーアとスターク持ってないのでw

ギーゼパックが当たれば一瞬で組むことができそうですが、それなら売った方が良くね?って思っている人も多そう。

ギーゼの詳しい裁定などは公式サイトだったり、メールで確認しておくといいですね。

自分もまだよくわかってないので、色々勉強したいと思います。

>>ヴァンガードの公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク