2月16日の今日のカードは邪眼明王 シラヌイ “輪廻”と清算の忍鬼 サダツグでした。

竜神烈伝に収録されるぬばたまのユニットです。

ついにぬばたまの目玉カードが公開されましたね!

今回は邪眼明王 シラヌイ “輪廻”について見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

邪眼明王 シラヌイ “輪廻”の性能

G3 11000

【超越】 – ストライドステップ – [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

支配 – 【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] 相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、パワー+5000。それらすべてを支配し、それぞれ1枚ずつ、相手のヴァンガードにアタックする。そのターン中、相手はこの効果でコールしたカードの【自】能力を発動できない。

【永】【(V)】【Gブレイク】(3):支配されているユニットすべてのパワー+10000/クリティカル+1。

 

手札から2枚出させて支配

CB1と同名ペルソナで相手の手札から2枚強制コールさせて、5000パンプしてそれぞれ支配!

自動能力は無効なので悪さされる心配もないですね。

まずコールさせることで手札を2枚奪い、さらに支配なので実質4枚手札を削ることになります。

さらに慚愧のボーナス込みで考えたら恐ろしいことにw

ムジンロードもう要らない説ありますね。

ただ5000以下のパワーを持つカードを出されると初回超越時はヴァンガードにパワーが届かなくなってしまいます。

まぁ大抵はトリガーだと思うので、10000シールドを削っただけでも十分ですね。

GB3を達成しているなら心配はないですけど。

 

スポンサーリンク

 

10000パンプと☆増加

GB3で支配ユニットは10000パンプとクリティカル1+に!

これで4点以下の時にダメージトリガーを期待してノーガードされにくくなりますね。

普通にフィニッシュ力も上がっていい感じです。

先攻GガーディアンでGB3を満たせば初回からクリティカル2で攻撃が可能!

G1の新規で支配ユニットを6000パンプさせるカエルと合わせるとかなりの要求値になりそうですね。

ただガードされやすくなるので、完全ガードのウツロイは使いにくくなるかもしれません。

まぁ元々ファイト中に1回使えればラッキーくらいな感じだったので、新規で完全ガードが来ないならクレナイでいいと思います。

 

まとめ

邪眼明王 シラヌイ “輪廻”は相手の手札を直接奪う強力なぬばたまのGユニットでした。

今後は基本的に輪廻に超越安定になるでしょう。

マグンとムジンロードは解雇でGガーディアンに枠を割くのも良さそうですね。

シラヌイは序盤も強くなって、いい感じの強化がもらえましたね。

なかなか公開してくれなくて心配でしたが、個人的にはかなり満足です。

>>竜神烈伝はこちらから

 

スポンサーリンク