2月19日の今日のカードは邪神司教 ガスティールでした。

竜神烈伝に収録されるダークイレギュラーズのカードですね。

ガスティールはなぜか公開を引き延ばされていましたよね。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

邪神司教 ガスティールの性能

G3 11000

【自】【(V)/(R)】:あなたのライドフェイズ開始時、あなたのソウルが8枚以上なら、あなたのグレード3の深闇能力を持つグレード3のリアガードを1枚選び、手札に戻してよい。

【永】【Gブレイク】(2) 深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):このカードが(R)に登場する際、あなたのソウルからグレード2のカードを2枚まで選び、ドロップゾーンに置き、そのターン中、このカードはそれらが持つ能力すべてを持つ。(「登場した時」の能力も発動する)

 

ライドフェイズ開始時にG3を回収

一つ目のスキルはライドフェイズ開始時にソウルが8枚以上なら盤面の深闇G3を手札に。

盤面にリアガードとして自身が残っていれば再び登場時スキルを使えますし、超越コストの確保もできます。

でも竜神烈伝に収録されるクランがほとんど退却など盤面に干渉するクランばかりなので自分のターンにG3リアガードが残っているか怪しいですよね。

Vとしての性能も微妙な感じ。

一応回収が出来ればダストに超越しやすくなりますけど、新規のシャルハロートと比較するとあまりにも差がありますね。

せめて登場時ソウルチャージはして欲しかったなーと思います。

 

スポンサーリンク

 

G2のスキルを2枚得る

もう一つのスキルはアニメで判明していた通り、ソウルのG2を2枚ドロップに置いてスキルを得るもの。

CBを使わないのはうれしいです。

デモンテッドや愛着、新規ではベイルファル・リプレッサー辺りが有力ですかね?

デモンテッド、愛着を選べば減ったソウルも補填できるし、ベイルファルで高要求のガード制限も強いですね。

選択するG2には深闇指定はないので、結構自由度は高めです。

まぁ新規でデッキを組むなら必然的に深闇に固めることになりそうですが。

十分に強いスキルだと思いますが、ライドしてしまうと正直弱いので罪を灌ぐ者 シャルハロートと採用が分かれそう。

罪を灌ぐ者もVとしては最低限動けるし、G0のガード制限もベイルファルと被っているので優秀です。

Vに乗らない前提ならガスティールの方が最大値は出るので、悩みどころですね。

 

まとめ

邪神司教 ガスティールはアニメ通りソウルのG2のスキルを得る優秀なサブV候補でした。

罪を灌ぐ者と採用が分かれそうですが、最大値を取るならガスティールの方が強いです。

Vとしての性能が微妙だったのは自分も正直がっかりです。

アニメでかなり人気だったし、公開を引き延ばしたせいかファイターのハードルをかなり上げてしまった感が強いですね。

アニメの中ボスだったらもうちょっと強くしてかった・・

でもR性能は普通に強いので自分はシャルハロートのサブに採用してみようと思います。

 

スポンサーリンク