昨日の週ヴァンZでインペリアル・ドーターなどオラクルシンクタンクの新規カードが3種公開されました。

すべて「結成!チームQ4」に収録されるカードです。

プロテクトはカードバランス的に弱いんじゃないかと心配されていましたが、一気に不安が解消されましたね!

今回はRRのプロミス・ドーターについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

プロミス・ドーターの性能

G2、9000 RR

永V/R:ヴァンガードにアタックしたバトル中、あなたの手札が4枚以上なら、このユニットのパワー+6000。

永R/G:このユニットは相手のカードの効果で退却しない。(選ぶことはできる)

 

手札が4枚以上で6000パンプ

プロミス・ドーターもリメイク来ました!

一つ目のスキルは手札が4枚以上ならVアタック時6000パンプするもの。

基本はヴァンガードからアタックするので、メインフェイズの段階で手札が2枚あればパンプは可能です。

6000というパンプ値でフォースにもしっかり要求値を取れるのも優秀。

プロテクトは火力不足が心配されていたので、このようにシンプルなカードが来たのはかなり評価できますね。

 

スポンサーリンク

 

退却されない

もう一つのスキルは相手のスキルで退却されないというもの。

明らかにロイパラやかげろうをメタってきたカードですねw

この2つのクラン相手には序盤退却を恐れず積極的にコールできるので、殴り負けしにくくなるのが大きいです。

プロテクトは基礎パワーが9000ということでフォース相手に序盤制圧されて勝てないのでは?という意見もあったので単体15000、退却されないというだけで十分に戦っていけますね!

退却耐性はリアガードだけではなく、ガーディアンサークルでも有効なので、ダイカイザーなどで退却されなくなります。

ダイカイザーのブレイクライドをプロミス・ドーターを含む数値でガードしている時点でかなりきつそうですけど・・

今後スタンダードのディメンジョンポリスでガーディアン退却が来る可能性もあるので、なんとも言えないですけどね。

まぁないよりあった方がいいってことで!

 

まとめ

プロミス・ドーターは今後のオラクルシンクタンクを支える重要なGアタッカーになりそう。

スタンダードではまず4枚必須になるカードですね。

かげろう使いの僕としてはかなり嫌なカードです・・

ロイヤルパラディン相手にもブラスターブレードを恐れずに展開できるのはかなり大きいと思います。

RRですがクラン人気的には相場はそこまで高くならなさそう。

 

スポンサーリンク