昨日の週ヴァンで魔の海域の王 バスカークのスキルが判明しましたね!

アジアサーキットの覇者に収録されるVRがついに公開されました。

まぁ自分はスルーする予定なのですが(笑)

今回は魔の海域の王 バスカークについて詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

魔の海域の王 バスカークの性能

G3 12000 プロテクト VR

永V:あなたのターン中、あなたのドロップゾーンが10枚以上なら、このユニットのパワー+5000、クリティカル+1。

起V,ターン1回:「CB1、SB1」することで、あなたのドロップゾーンから1枚Rにコールし、そのユニットのグレード1につき、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 

ドロップ10枚以上でパンプ、☆増加

バスカークもリメイクで登場!

当時はメガブラストでフル展開するカードでしたね。

1つ目のスキルはドロップゾーン10枚以上で5000パンプとクリティカルが1上がるというシンプルなもの。

後半になれば常時クリティカル2の高パワーアタックが出来るということでかなり強力ですね。

先攻でドロップゾーンを10枚貯めるのは今見えているプールでは正直厳しそうですが、2つ目の展開スキルもあるので十分にプレッシャーは与えられるでしょう。

オラクルのようにプロテクトは再ライドが前提となるスキルだと思っていたので、バスカークはその要素がなくて意外でした。

 

スポンサーリンク

 

ドロップゾーンから1体蘇生

もう一つのスキルはCB1とSB1でドロップゾーンから好きなユニットを蘇生して、そのグレード1につきヴァンガードのパワーを5000上げるというもの。

G3を呼べばバスカークは最低でも単体27000となり、ドロップが10枚以上あれば32000のクリティカル2で攻撃できるので、完全ガードがないと防ぐのは難しくなります。

これは積極的にG3のスカルドラゴンを呼んで高パワーのアタックを仕掛けていきたいですね。

コスト的には他のカードでSBするカードがまだ見えていないので、なんとも言えないですが、重くも軽くもなくていい調整なのかなと思います。

インターセプトを確保したいときはG2を呼べばいいし、状況に応じて柔軟に戦うことできてかなり強いですね。

スカルドラゴンはプロテクトの完全ガードで積極的にドロップへ落とすことができるし、うまく使っていきたいところ。

 

まとめ

グランブルーはドロップから展開して自陣を強化するといった王道のパターンで来ましたね。

オラクルのように再ライドに依存しないので、安定感も抜群でかなり強力ですね。

相場的にはアクアフォース、ディメンジョンポリスの人気から一番VRの中では落ち着くんじゃないかなと思います。

とは言っても、2000以上は絶対すると思うのできついことには変わりないんですけどねw

>>アジアサーキットの覇者の予約はこちら

 

スポンサーリンク