7月6日の今日のカードは伊達男 ロマリオとキャプテン・ナイトミスト でした。

アジアサーキットの覇者に収録されるグランブルーのカードです。

2枚ともかなり懐かしいカードですね。

今回は伊達男 ロマリオについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

伊達男 ロマリオの性能

G1 8000 シールド10000 RRR

永R:ドロップが10枚以上ならパワー4000+

自:ライドされた時、コスト[CB1,手札を1枚ソウルに置く]ことで、あなたの山札から3枚ドロップゾーンに置き、ドロップゾーンから1枚手札に戻す。

 

ドロップ10枚で単体12000に!

初期のグランブルーバニラがRRRに出世しましたね!

1つ目のスキルはドロップが10枚以上なら4000パンプするもの。

これでフォース相手にもしっかりラインを取れるようになります。

アクセル、プロテクト相手には単騎で攻撃できるようになりますが、グランブルーの展開力なら前列に置くことはあまりないかも?

とにかく後半ドロップが肥えれば強くなる強力なカードだと思います。

 

スポンサーリンク

 

ドロップ肥やしと手札交換

もう1つのスキルはサークルメイガスのようにライドされた時に発動するスキル。

CB1、手札を1枚をソウルに置くことで、山札3枚をドロップして、ドロップから1枚手札に戻すことができます。

CB1でアドバンテージを稼げないのは痛いですが、ドロップ肥やしと質の高い手札交換を行えますね。

手札にG3がない時もこれでワンチャン拾えることができます。

しかもソウルが1枚増えるので、バスカークの蘇生スキルなどのサポートにもなりますね。

 

まとめ

伊達男 ロマリオは序盤にドロップ肥やしや手札交換などのサポートをしつつ、後半はパワーが上がる強力なユニットですね。

RRRだし、スキル的にも4積みは確定でしょう。

ただロマリオにライドできなかった場合に、ドロップ10枚達成が遅れてしまうのは欠点ですね。

相場的には他が見えていないので何とも言えないですが、傾向的にも300~500くらいに落ち着くのではないでしょうか?

アジアサーキットはスルーすると言いましたが、ちょっとグランブルー作りたくなってきました(笑)。

>>アジアサーキットの覇者の予約はこちら

 

スポンサーリンク