7月9日の今日のカードは潮騒の水将 アルゴスでした。

TD「蒼龍レオン」に収録されるアクアフォースの目玉カードですね。

正直アクアフォースは見えてるカードでは強そうに見えないのですが…

早速アルゴスを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

潮騒の水将 アルゴスの性能

G2 9000 シールド値5000

自V:アタックした時、このターン2回目以降のバトルならコスト[CB1、SB1]することであなたのリアガードを1枚スタンドする。

自R:アタックした時、このターン1回目のバトルならコスト[CB1]することで、このユニットをスタンドする。

 

アタック時に他のリアガードを1枚スタンド

潮騒の水将 アルゴスがリメイクして登場!

旧テキストでは何ともいえないガード強要でいまいち強く無かった印象があります。

1つ目のスキルはヴァンガードのこのユニットがアタックした時、CB1とSB1で自分のリアガードを1枚スタンドできるというもの。

序盤から簡単に連続攻撃を仕掛けていくことができます。

2回目以降の攻撃指定はあってないようなものですね。

CB1とSB1がちょっと重めですが、それでもかなり強力なスキルだと思います。

 

スポンサーリンク

 

1回目の攻撃なら自身をスタンド

2つ目のスキルはリアガードで効果を発揮するもので、1回目の攻撃ならCB1で自身をスタンドできます。

スピロスにちょっと似たようなスキルですね。

これも単純に攻撃回数が1枚増えるのでかなり強力ですね。

若干パワー不足が気になりますが、アクセルだったりメイルストロームでサポートすれば問題はなさそうです。

スタンド条件はヴァンガードにアタックする必要はないので、1回目の攻撃でブーストを付けずにリアガードを攻撃するというのもありですね。

 

まとめ

潮騒の水将 アルゴスはアクアフォースの攻撃を支える重要なG2アタッカーでしたね。

この性能のカードがTDに4枚入ってるのは昔では考えられないです。

汎用性が高いのでPスタンのサヴァス軸にも普通に入ってくるのではないでしょうか?

あとはアジアサーキットの覇者で残りのアクアフォースがどのような性能かですね。

続報を楽しみにしたいと思います。

>>トライアルデッキ第3弾 蒼龍レオンの予約はこちら

 

スポンサーリンク