7月13日の今日のカードは蒼嵐竜 メイルストロームとタイダル・アサルトでした。

2枚ともアジアサーキットの覇者に収録されるアクアフォースのユニットです。

ついにアクアフォースもVRが判明しましたね。

今回は蒼嵐竜 メイルストロームについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

蒼嵐竜 メイルストロームの性能

G3 12000 アクセル VR

【起】【《V》】【ターン1回】:【コスト】[カウンターブラスト(1)] することで、そのターン中、あなたの前列にいるユニットすべてのパワー+3000。

【自】【《V》】【ターン1回】:あなたのリアガードのアタックがヴァンガードにヒットした時、このターン3回目か4回目のバトルなら、【コスト】[手札を2枚捨てる] ことで、このユニットを【スタンド】する。

 

前列全員3000パンプ

メイルストロームが3回目の同名リメイクで登場!

毎回人気があってシングル価格は高くなっていましたよね。

新規の1つ目のスキルはCB1で前列全員に3000パンプする起動スキル。

9000単騎のリアガードでもアクセル、プロテクト相手に攻撃が届くようになります。

欲を言えばフォースにも攻撃が届くように4000パンプにして欲しかったですが、そうなるとアルゴスやタイダルが止まらなくなっちゃうのでしょうがないですね。

先攻ならアクセルサークルのユニットを20000以上にして、ガード強要を仕掛けてメイルのVスタンドを狙いやすくなります。

コスト面はRでもかなりCB消費するので、CB1を毎回支払わなくてはいけないのはちょっときつい気がします。

 

スポンサーリンク

 

3,4回目の攻撃がヒットしたらVスタンド

2つ目のスキルは3,4回目のリアガードの攻撃がヒットしたら自身をスタンドするというもの。

初代のメイルらしい強力なガード強要スキルですが、メイルがVスタンドは意外でしたね。

理想は1,2回目のメイルの攻撃でトリガーを捲って、3,4回目の攻撃で相手の手札を削り取る感じですかね。

特に先行でメイルに乗ったターンに展開するのはかなり強いです。

相手からしたら前列3000パンプの付いた4回攻撃されること自体が嫌なのに、3,4回目の攻撃を必ず防がなきゃいけなくなるので、最悪そのターンで負けることもありえます。

弱点はノヴァ同様に相手のダメージトリガーです。

最初のメイルの攻撃はほぼノーガードされるだろうし、そこで何かトリガーを引かれたら3,4回目の攻撃はほぼ通らなくなります。

また3,4回目の攻撃が通ったとして、メイルのパワーは起動スキルと合わせて15000なのでそこまでプレッシャーにならないのがちょっと心配です。

フロントトリガーを引ければそこら辺は解決しそうですが、フロントメインだと舐められて4点ノーガードされやすいし、トリガー配分は結構悩むことになりそう。

 

Pスタンでは?

現状Gスタンのメイルデッキはロードリィの相方がほぼバニラ状態なので、新メイルは相方として必須でしょうね。

超越した時は当然ロードリィの方が強いので、先攻はVRメイルに乗ってプレッシャーをかけて、後攻ではロードリィでしっかりアドを取っていく感じになりそう。

Pスタンメイルのためだけに8000~10000くらいかけてVRメイル4枚買うのは馬鹿馬鹿しいので、スタンダードで組む人が息抜きで遊ぶ感じになりそう。

 

まとめ

蒼嵐竜 メイルストロームは相手に強力なガード強要を仕掛ける切り札ユニットでしたね。

これでVRがすべて判明しましたが、相場はどのような感じになるのでしょうか?

個人的にはアクフォ、ディメポ、グランブルーの順で高いと思います。

自分はアジアサーキットはスルーする予定だったのですが、友人にデッキ少ないと煽られたのでディメポかグランブルーを組む予定です。

出来れば安く済ませたいです…

>>アジアサーキットの覇者の予約はこちら

 

スポンサーリンク