どうも、2月7日の今日のカードは銀の茨の獣使い ロロットと銀の茨 マッシャー・ドラゴンでしたね。

月夜のラミーラビリンスでは銀の茨の強化も確定しているので楽しみですね。

銀の茨は序盤のガード強要が強いけど、ソウルを貯めるカードと展開するカードが別々なのが渋い印象です。

新規カードはどういったカードなのでしょうか?

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

銀の茨の獣使い ロロットの性能

【自】:先駆

【自】【(R)】:[このユニットと、他のあなたの「銀の茨」を含むリアガードを1枚選び、ソウルに置く] あなたのターンの終了時、あなたの「銀の茨」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)し、あなたのソウルからグレード3のカードを1枚まで選び、手札に加える。

 

銀の茨の獣使い ロロットは新規のFV候補ですね。

自分のターン終了時に自身と他の銀の茨をソウルに入れることでカウンターチャージ1とソウルのグレード3を手札に入れることができます。

コストでグレード3をソウルに入れれば、そのままそいつを手札に戻すこともできます。

次のターンのストライドに備えつつ、コストも回復できるので便利なカードだと思います。

銀の茨のFVはすでにイオネラやエミールがいるので難しいところですね。

銀の茨はソウルチャージだけのカードを採用する余裕がないので、FVをロロットにすると序盤のソウルチャージが遅くなってしまうかもしれないのがちょっと心配です。

それとヴィーナスルキエなどでクロスライドが達成されているときに、ソウルのルキエを回収したことで13000じゃなくなってしまう可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

銀の茨 マッシャー・ドラゴン

【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの山札の上から3枚公開し、その中から「銀の茨」を含むそれぞれ異なるグレードのカードを3枚まで選び、ソウルに置き、残りのカードを山札の下に好きな順番で置き、ソウルに置いたカード1枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 

銀の茨 マッシャー・ドラゴンは新規のグレード3ですね。

登場時に山札から3枚見て「銀の茨」を含むそれぞれ異なるグレードのカードを3枚まで選んでソウルにおけます。

そしてソウルインした枚数につき自身が2000パンプ。

FVのロロットとは相性がいいので組み合わせて使えるといいですね。

VでRでも効果が発動するのは優秀ですが、自身のパワーが10000である点とグレード3である点はネックになりそうです。

最悪乗ってしまってもソウルを貯めつつストライドできるので、戦えなくはないですが、好みが分かれるカードですね。

これと同じG2が出てくるといいんですが・・

今のところ、銀の茨は驚く強化はないですが、新規ルキエがあるみたいなので楽しみです。

>>月夜のラミーラビリンスのカードを無料で手に入れる裏技はこちら

 

スポンサーリンク