どうも、ヴァンガードG NEXT 20話「不屈の海賊姫」の感想を書いていきたいと思います。

今回は福原高校部長の早尾アンリとラミラビの蝶野アムのファイトがメインですね。

U20はもう3日目でファーストステージ突破チームは半分になったみたいです。

まだメインキャラのチームは突破していないのでどうなるのでしょうか?

まぁ見せ場を作るために引き伸ばしているんでしょうが。

 

スポンサーリンク

 

アンリVSアム

アンリはラミーラビリンスンスのファンだったみたいですね。

握手して一生手を洗わないって言っていたので推しメンはアムの方かな?

アンリはU20でまだモブにしか勝っている描写がないので、今回は頑張ってほしいところ。

アンリのFVはアセティックドラコキッド、アムのFVはガイルシェイドでした。

アンリはドラゴニックヴァンキッシャー、アムは星影ナイトローゼですね。

アンリの初回超越は《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VOLTAGE”》、アムは《屍の幻妖術師 ネグロゾンガー》でした。

ネグロゾンガーは新規のGユニットですね。

アンリはVOLTAGEで砲撃手を2枚バインドして安心します。

しかし、星影ナイトローゼのストライドスキルでコロンバールを出されて簡単に展開されます。

こういう時に山札から落としてコールは強いですね。

アムはメインにグルナッシュも採用しているみたいです。

ガイル・シェイドは退却されて効果を使えませんでしたが、一応販促ってことなんでしょうね。

ナイトローゼのデッキは基本的にはグルナッシュ安定な気がします。

 

スポンサーリンク

 

そしてネグロレイジーとグルナッシュで3枚カウンターチャージ。

いつものズルいやつですね。

これ本当におかしいと思う(笑)。

アンリの2回目の超越は《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”》。

亡霊でリアガードがいないことを逆手にダメージスキルで追い詰めますが、Gガーディアンでしのがれます。

そしてアムが《贖いの海賊王 ドラクート》で反撃して勝利。

後半にはシオン君もファイトを高いところから見ていましたね。

アムとシオンはストライドゲート編で敵同士でしたが、今はいい関係になっているみたいですね。

アムの両親は現在綺場のバックアップで治療を受けているみたいです。

 

次回はルーナVSカズマ!

次回の21話は「魅惑の奇術」。

ルーナとカズマのファイトがメインですね。

クロノはナギサとファイトするみたいです。

ヘルアンドヘブンもまだファーストステージ突破していないみたいですね。

カズマは1回負けているので勝つと思いますが、ルーナにも負けてほしくないです。

おそらくペイルの新規が出てくるでしょう。

GRもこのタイミングで出てくるのかな?

ラミラビパックももうすぐ発売なのでそこらへんが個人的には楽しみです。

 

スポンサーリンク