ヴァンガードG NEXT 30話「あの日見た輝き」の感想を書いていきたいと思います。

ここからやっとU20もセカンドステージに入ります。

ディフライドについてある程度分かってきましたが、どうストーリーに絡んでくるのでしょうか?

今回はタイヨウとベルノのファイトがメインになります。

 

スポンサーリンク

 

セカンドステージスタート!

セカンドステージも個人戦で負けたら一発退場のルールです。

一応対戦相手は選ぶことができるみたいですね。

説明役の伊吹がかわいいです(笑)

ファイナルには上位4チームが進むことができます。

ポイントはファーストステージの順位によってアドバンテージがあるみたい。

アイチ君もVIP席で観戦しています。

前回の伊吹とのやり取りでは遠慮していたのに結局VIP席ですね。

鬼丸やその他のファイターの戦いを見守ります。

シオンはあらかじめクロノとトコハにセカンドステージでストライダーズ、ハイメフラワーズ、ディフライダーズとは戦わないことを伝えます。

チームとしての勝利を優先するためみたいです。

他の出場者も舐めないほうがいいと思いますけどね。

トコハもシオンの意見に同意します。

 

スポンサーリンク

 

タイヨウVSベルノ

セカンドステージでタイヨウはいきなりディフライダーズのベルノ・ファーレンハートとファイト。

べルノはジェネシスの崇高なる美貌 アマルーダを使用。

口調が僕っ娘でしたが、アマルーダがそうであってベルノ本人はそうじゃないのかも?

悪い人ではなさそうですね。

ベルノの初回超越は究明の女神 イシュタルでした。

ドライブチェックでG1以上を引くとリアガードをスタンドしてパンプ。

アマルーダの超越ボーナスはソウルチャージして1ドローでした。

天啓を何度も使っていましたね。

ファイトの途中にタイヨウはベルノのイメージに連れてこられます。

ベルノ(アマルーダ)は人間に興味があるみたいです。

タイヨウとのファイトで理解したみたいですが、僕はよくわかんなかったです。

結局ファイトはベルノの勝利。

タイヨウ君はいきなりリタイアです(笑)。

 

次回はトコハVSサオリ

次回のヴァンガードGNET31話「脆弱なる生物達」ではトコハと渕高サオリのファイトがメインになりそうです。

渕高サオリはミゲルの代わりにディフライダーに入ったことからトコハと因縁がありそうです。

個人的はかげろうのテキスト判明が楽しみです。

ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”を使用しているので、新しい軸ではなさそうです。

 

スポンサーリンク