ヴァンガードG NEXT 34話「兄との再会」の感想を書いていきます。

前回はクロノが渕高サオリを破りましたが、今回はカズマと鬼丸とファイトがメインです。

鬼丸はシラヌイにディフライドされているのでカズマとのやり取りも気になりますね。

では早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

東海林カズマVS鬼丸カズミ!

U20のセカンドステージ1日目の最後のファイトはカズマと鬼丸。

カズマは鬼丸に小さいころにマー君と呼ばれていたみたいですね。

鬼丸はシラヌイにディフライドされていますが、過去の記憶などは共有しているみたい。

小さい頃の鬼丸はカズマのことを気にかけていたみたいですね。

鬼丸の初回超越は閻魔忍竜 マグンテンブ。

鬼神降臨のSPクランパックに入っていた謎のGユニットですが、アニメで登場しましたね。

スキルはCB1とGゾーンのカードを1枚表にして、相手のリアガードを3000パンプして支配。

その後、支配ユニットを退却させるという効果。

モルフェッサが2回も支配されていましたね。

儀式を達成すれば要求値も5000上がるのでかなり恐ろしいです。

支配する側は何度も使えればうれしいですが、やられた側はたまったもんじゃないですね。

カズマの初回超越はいつもの天空を舞う竜 ルアード。

ベリアルオウルなどでアドは稼いでいましたが、ちょっと動きとしては渋かったかな?

ドローソースのゲンカイが場にいたので、カーニバルでも良かったかなと思います。

鬼丸の2回目の超越は閻魔忍鬼 ムジンロード。

3体のリアガードを支配されます。

モルフェッサも儀式で5000パンプさせられて苦しそうでした。

このターンで6ダメージを受けてしまいますが、なんとかヒールトリガーで凌ぎます。

クロノとタイヨウに出会ったことで6点になっても諦めなくなったのを見ると成長したなぁと感じます。

カズマの返しの超越は天空を舞う竜 ルアード。

スキルで盤面を整えて、ソードブレイカーやエスラスで手札も補強し、フルパワーで攻めますが、鬼丸に完全ガード2枚などで防がれます。

ルアードは連パンできないので完全ガードを抱えられると渋めですね。

鬼丸の3回目の超越はムジンロード。

カズマのリアガード5体すべてが支配されてしまい、カズマの敗北。

6点ヒールを引いていいファイトでしたが、少し届きませんでした。

ファイト終了後に鬼丸に、「二度と我が前に姿を見せるな。」など煽られます。

カズマが切れてリアルファイトになりそうでしたが、クロノに止められます。

クロノはこの回でカズマが鬼丸の弟だと知ります。

今後カズマがどのように鬼丸に絡んでくるのか楽しみですね。

 

次回はクロノVS鬼丸!

次回のヴァンガードG NEXT 35話「運命の解放」ではクロノと鬼丸のファイトがメインになりそうです。

34話の流れだと鬼丸がクロノにファイト挑む感じかな?

一応カズマと鬼丸のファイトでセカンドステージ1日目は終了だから、非公式のファイトになりそう。

鬼神降臨発売前の放送になるのでギアクロとぬばたまの新規には期待ですね。

 

スポンサーリンク