ヴァンガードG NEXT 41話「福原高校ヴァンガード部VSチーム・ディフライダー」の感想を書いていきたいと思います。

ついにファイナルステージが始まりましたね。

今回はリンとベルノ、アンリとサオリのファイトがメインです。

ストーリー的には福原が負けそうな予感がしますが、どうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

リンVSベルノ!

ファイナルステージでは順番に1人ずつファイトしていくみたいですね。

先鋒戦はリンVSベルノ。

お互い新規カードはないので端折られ気味でしたねw

リンは究明の女神 イシュタルの連続攻撃で手札0枚まで追い込まれます。

4点ノーガードもしていたので、かなりギリギリでしたね。

この手札ゼロポーズはどっかで見たことありますねw  

当分ネタにされそうです(笑)。

追い込まれたリンですが、デッキトップでG3を引いて超越。

アルティエルのフルパワー攻撃でリンの勝利!

さすがの女王もここは安堵の表情です。

 

スポンサーリンク

 

アンリVSサオリ!

後半はアンリとサオリのファイト。

サオリの顔芸が気になりますねw

遊戯王では顔芸が有名ですが、ヴァンガードってこういうの少ないですよね。

キョなんとかさん以来のような気がします。

アンリが見たサオリのイメージ。

これも当分の間にネタにされそう。

なんか小者感が自分は結構好きですw

肝心ファイトはアンリがドラゴニック・ヴァンキッシャー “SPARKING”にライド。

竜皇覚醒に収録される新規のヴァンキッシャーですね。

性能の評価は別の記事で紹介します。

Gユニットは征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VBUSTER”。

お互いに相手のリアガードの退却をし合って熱い展開でしたね。

VBUSTERのパンプスキルとマーシャルアーツが結構噛み合ってました。

VBUSTERの4回のドライブチェックで3枚トリガーをゲット!

2回の攻撃はダムジットで防がれましたが・・

もう一体のマーシャルアーツの攻撃がヒットしたような感じで今回は終わりました。

 

次回はシオンVS鬼丸!

ヴァンガードG NEXT 42話「天命を超えて」ではシオンと鬼丸のファイトがメインになりそうです。

ということはアンリ部長は負けちゃったってことですかね?

アタックはヒットしたっぽいので6点ヒールを引かれて負ける感じかな。

とにかく次回でぬばたまの新規カードが見られるかもしれないですね。

竜皇覚醒で収録される邪眼冥皇 シラヌイ“骸”あたりが判明すると面白いです。

 

スポンサーリンク