昨日のヴァンガ情報局で成果の花乙姫 リエータのテキストが正式に判明しました。

僕はメイデンのデッキを持っているので、汎用的なGユニットを期待していました。

リエータは汎用性あるGユニットでしたね。

早速性能を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

成果の花乙姫 リエータの性能

G4 15000+
超越
起【V】ターン一回[CB1,あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする]:あなたの手札から1枚まで選び、ソウルに置き、このユニットはあなたのソウルのすべてのカード名を得て、山札からこのユニットと同名のカードを、Gゾーンの表のカードの枚数+1枚まで探し、別々のRにコールし、山札をシャッフルする。あなたのGゾーンの表のカードが2枚以上なら、あなたのユニットを3枚選び、そのターン中、パワー+3000。

 

リエータは起動の同名ペルソナ、CB1で発動。

手札を1枚までソウルに入れて、ソウルすべてのカード名を得ます。

その後Gゾーンの表のカードプラス1枚までヴァンガードと同名をデッキからコール。

そしてGB3で3体を3000パンプ。

シンプルに汎用性があって強いと思います。

一番の強みは手札、盤面に関係なくリアガードを展開できるってことですね。

初回超越から1列のリアガードを展開できるし、手札のソウルインが任意なのもグッド!

2回目以降も左右展開しつつ火力確保ができるし、退却クランにも強く戦えそうです。

ソウルのカードを参照するのでライドするときもどれに乗るかは結構重要になってきそうです。

 

メイデンにはちょっと渋いかも

汎用的なGユニットではありますが、メイデンではちょっと使いにくいかなーという印象です。

竜皇覚醒で判明している新規のメイデンはGゾーンにメイデン名称が要求されます。

僕のメイデンデッキではランブリングローズを主体にしようと思っているのでソウルがありません。

初回超越として問題ない性能ですが、メイデンで使うときはちょっとうーんって感じですね。

もちろん最低2枚は入れたいカードですけどね。

本当にどうしようもないときにしか多分使わないです。

 

スポンサーリンク

 

銃士デッキではなかなか良さげ

一方銃士ではリエータはかなりいい強化だったなと思います。

銃士は初回超越が弱すぎたので、初回から展開できるリエータは現状最適のGユニットだと思います。

マイラがGB2なので初回から使えず、ミアリータのボーナスのためだけにセシリアなどに超越している人も多かったでしょう。

あとはセルフィーナとか。

銃士使いは当分リエータにお世話になるでしょうね。

イラストも銃士っぽいしw

 

まとめ

リエータは初回から終盤まで癖がなくシンプルに強い感じですね。

RRRですが他のクランがかなり優秀なカードが多いのでそこまで高くならないような気がします。

もう1種のRRRのシャルルも同様ですね。

あとRRRが判明していないのはシャドウパラディンですね。

どうせ強いに決まってるので続報に期待です。

というか本当に竜皇覚醒はSPクランパックないんですかね?

何BOX買うか迷い中です。

>>竜皇覚醒の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク