10月19日の今日のカードはミクスドエレメント コオルバーンでした。

究極超越に収録されるクレイエレメンタルのGガーディアンです。

そういえば通常ブースターでクレイエレメンタルがGガーディアンで収録されるのは初めてでしたね。

早速見ていきましょう!

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク

 

ミクスドエレメント コオルバーンの性能

【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) – 相手ターンのガードステップ – [手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。

【自】:[手札から1枚選び、捨てる] 相手のヴァンガードがアタックしたバトル中、このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の手札2枚につき、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。

(このカードはすべての、国家とクランに属する。)

 

ミクスドエレメント コオルバーンは相手のヴァンガード攻撃時のみに使えるGガーディアン。

手札を1枚コストにして相手の手札2枚につき、シールドが10000プラスされます。

シンプルに使いやすいですね。

今までシールド10000+のGガーディアンがもらえないクランはスクリューに頼りがちでした。

ヴァンガードしか守れないので上位互換ではないですが、シールド20000+も狙えるので、1枚挿しておくと助かるやつですね。

ぱっと思いつく使えそうなクランはノヴァグラップラーとかぬばたま!

スクリューと違って初回からも使えるので、たまにお世話になることがありそうです。

特にバトルシスターなどのオラクルを相手にした時、初回で使う機会は多そうですね。

オラクル相手にはイチキシマを警戒しないといけないので、初回超越の段階で完全ガードを切りたくないです。

オラクルは手札を増やすのが得意なので、コオルバーンでヴァンガードの攻撃を防いで、不意のダブクリを防ぎましょう。

オラクル以外でもヴァンガードの攻撃を通したくない相手には、心強いGガーディアンだと思います。

一方、気になる部分もあります。

コオルバーンはヴァンガードの攻撃時のみしか使えないので、竜皇ルアードに対しては使えそうにないです。

もちろんドライブチェックで手札に入ったカードは数えません。

相手も手札を4枚以上残すようなプレイングは終盤しないでしょうし、シールド値が出ないクランは今まで通りルアードはきつそうですね。

こればかりはしょうがないですね。

 

まとめ

ミクスドエレメント コオルバーンはスクリューの上記互換というわけではありませんが、ヴァンガードの攻撃を守るのに特化した汎用Gガーディアンです。

スクリューと違って初回から使えるのもいいですね。

リアガードまで守れたら、さすがに強いなのでそこはしょうがないです。

ノヴァとかぬばたまなどガード値が出しにくいクランには1枚挿しておきたいカードだと思います。

明日はリンクのクランブースターですね。

パックの開封が楽しみです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク