ヴァンガードGZ 4話「ゼロスドラゴン」の感想を書いていきます。

前回はシオンがヴァレオスに負けてしまい、フィデスを壊され、家も壊滅状態でしたね。

今回はタイヨウとヴァレオスのファイトがメインです。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

シオンは無事っぽい

シオンはヴァレオスに敗北後、状況を伊吹に連絡。

岩倉がまだ意識を失っている状態でした。

瓦礫の下敷きになったシオンの方が重症に見えましたが、一応動けるくらいまでには回復したみたいです。

今後のリベンジに期待ですね。

 

ヒロキくん登場!

レリクス送りにされたクロノを心配するタイヨウ。

ヒロキくんがタイヨウ君を励ましていましたね。

同じ中学の親友になるまで仲が良くなりました!

タイヨウは次のU20でクロノと対戦することが目標みたいです。

チームはまだ決まっていないみたいですが、やっぱヒロキ君は入ってくるんでしょうね。

グランギャロップもスターゲートのブースターで強化が決まっています。

 

スポンサーリンク

 

タイヨウVSヴァレオス!

ヒロキ君と話している最中にヴァレオス登場!

タイヨウは仲間に連絡する隙も与えられませんでした。

タイヨウもギーゼの器候補みたいですね。

ファイトに勝てばクロノを返すと言われてファイトスタート!

ファイトはちょっと省略気味でした。

ヴァレオスの初回超越は蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴン。

今回は究極超越で再録されるフォイボスも使ってましたね。

最初のダブルクリティカルをフラッドハザードとフォイボスに振り分けてかなり強かったです。

デッキにドローとスタンドも入っているのに、クリティカル引きすぎですw

タイヨウは完全ガード、Gガーディアンでなんとか防ぎます。

タイヨウの返しの超越は暁天剣煌 グルグウィント・ヘリオス。

究極超越に収録されるGユニットですね。

スキルは別の記事に詳しく書きますが、簡単に説明するとドライブ1+、G1以上のガード制限です。

ヴァレオスは3点だったのでノーガード。

クリティカルとスタンドトリガーでヴァレオスを手札0枚まで追い込みますが、ギリギリで凌がれてしまいました。

ヴァレオスは手札0枚でしたが、トップでVと同名を引いて究極超越。

前回と同じように盤面を埋めての連続攻撃です。

タイヨウはメギドの攻撃を2枚貫通でガードしますが、ドライブチェックでぶち抜かれて敗北。

またメギドがリアル世界に降臨しましたね。

ヴァレオスを手札0枚まで追い込んだタイヨウは器候補としてレリクス送りにされます。

 

スポンサーリンク

 

リンもレリクス送りに!

タイヨウもレリクス送りになって紋章が出てきました。

すると羽島リンもレリクスに!

どうやらリンもノアに負けてしまったみたいです。

ガウリールだとカオスデッキには正直きついかも。

ガウリールは究極超越で強化されるのにファイト描写が省略されたのは残念ですね。

率直な感想としてはリンは扱いが雑だなぁといった感じです。

今後の展開はどうなるのやら・・

 

ギーゼの器条件

レリクスに落ちた器候補は徐々にその分身たる惑星クレイのユニットとの絆を蝕まれていくらしいです。

ギーゼの器候補はディフライダーに勝ったことがある人も対象になるみたい。

それならタイヨウとリンがレリクス送りにされたことも納得です。

ということはサオリに勝ったカズマ、ベルノに勝ったアンリ部長も器候補になるってことですね。

野良試合ですが、トコハもベルノに勝っています。

シオン、クミ、江西は候補外になりますね。

 

次回はカズマVSサオリ!

次回のヴァンガードGZ 5話「復讐に燃える竜」はカズマとサオリのファイトがメインになりそう。

やっぱりカズマは狙われましたね。

サオリは伊吹に1回負けてるし、今回はカズマは負けるのが濃厚かな・・

一番気になるのはドラゴンエンパイアのゼロスドラゴンですね。

ブレマスの新規カードも少しは判明すると嬉しいです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク