昨日の週ヴァンZにて獄炎のゼロスドラゴン ドラクマのスキルが正式に判明しました。

究極超越のZRですね。

ある程度アニメで分かってはいましたが、ソウルなどの扱いなどがあいまいでしたね。

早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

獄炎のゼロスドラゴン ドラクマの性能

G4 25000+ ドラゴンエンパイア

究極超越

自【V】[CB2]:このユニットがVに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のユニット全てを退却させ、表でバインドし、相手は自分の手札から3枚選び、2枚捨て、1枚をVにスタンドでライドする。

 

スキルはV登場時でしたね。

メギドもV登場時なので、ゼロスドラゴンは全部こんな感じなのかも。

CB2で全退却をしてバインド、相手は手札を3枚選び、2枚をドロップ、1枚をVにライドするもの。

全退却は単純に強力。

ドラゴンエンパイアすべてのクランがブレイジングバーストを使えるようなイメージですね。

ヴァンガードを退却するのは、多くのファイターに衝撃を与えましたね。

相手の手札を3枚奪うスキルも色々とおかしい。

手札からヴァンガードに置く動作はライド扱いみたいですね。

悪さができそうなのはこの2枚ですかね?

特に根絶者の方は決まれば、相手の攻撃を完璧に防ぐことができますね。

ドラクマ使われて、ケヰヲスのスキルを使う時点で5枚手札持っていかれるのできついのは変わりないですが。

アモンは普通に全退却された時点で辛そうです。

まぁ結局ドラクマ使われた時点できついのは変わらなそうですよね。

 

スポンサーリンク

 

ソウルの裁定について

ヴァンガードの退却についてはアニメで判明後、ネットではかなり議論がされていましたね。

公式によるとソウルはヴァンガードが退却しても、ソウルとして残るみたいです。

ドラクマのスキルで手札からライドできない場合は無条件で勝利ってことですね。

超越がメインの環境で相手の手札がV登場時の段階で2枚というのはめったにないと思いますが。

一応残影のシラヌイのボーナスを使えば、そういったこともできるかもしれないです。

まぁ相手の手札が3枚以下だったら素直にアタゴロード使った方が強いような気もします。

僕の頭では悪さが思いつかないのですが、このルール処理でなんか悪さができたらコメントで教えてくれると嬉しいです。

 

まとめ

獄炎のゼロスドラゴン ドラクマはドラゴンエンパイアのクランの強さを底上げするとんでもないスキルでしたね。

CB2はデッキによってかなり重く感じるかもしれませんが、それを差し引いても強力ですね。

ヴァンキッシャーはコスト回復も簡単ですし、かなり使いやすそう!

あとはGゾーンの枠も1枠空けないといけないので色々調整が必要ですね。

発売後はドラエンのデッキが大会でかなり増えそうです。

>>究極超越の最安値予約はこちら

 

スポンサーリンク