12月1日の今日のカードは全智竜 バラウールとアーティスティック・オセロットでした。

2枚ともThe AWAKENING ZOOに収録されるグレートネイチャーのカードですね。

ついにグレートネイチャーもGRとRRR枠が判明しました!

今回は全智竜 バラウールを見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

全智竜 バラウールの性能

G4 15000 GR

【超越】 – ストライドステップ – [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

【起】【(V)】【ターン1回】:[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの前列のユニットをすべて選び、そのターン中、『【自】【(V)/(R)】【ターン1回】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、1枚引く。』を与え、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、パワー+4000。そのターンの終了時、それらのリアガードを退却させる。

 

全智竜 バラウールはSB1とフリーペルソナで前列のユニットすべてにヒット時1ドローを与えるスキル。

そしてGゾーンの表のカード1枚につき4000パンプ。

ターンの終了時にそれらのリアガードをすべて退却。

今までありそうでなかった、かなりシンプルなスキルですね。

ヒット時1枚ドローできるので、クレヨンタイガーやタスクマスターなどのリアガードのスタンドスキルと相性がいいです。

新規の仰天博士 ビッグベリーも同じスキルを持っていますね。

パンプ値も終盤になればなるほど、跳ね上がるのでフィニッシャーとしてもシンプルに強いと思います。

やっとGB2を初回で達成できる実用的なユニットがもらえましたね。

一応アーヴァンクは初回からGB2を達成できましたが、少し実用性に欠けてたと思います。

あと聖賢博士 ビッグベリーがGB2なの今日初めて知りましたw

さすがににわかすぎますね。

 

スポンサーリンク

 

ビッグベリーはソウルが足りなくなるかも?

全智竜 バラウールはソウルコストのみでお手軽に使えますが、ビッグベリーの軸だとソウルは足りなくなりそう。

ビッグベリー専用の完全ガードである訂正科学者 デリベリーでもソウルを消費します。

バラウールは複数回超越することが多くなりそうですし、ソウル管理は考えてプレイしたいです。

ここはベレヌス互換のポンべリーなどでケアしたいところ。

 

まとめ

全智竜 バラウールはシンプルなパンプとカード強要スキルを持つグレートネイチャーのGRでした。

ハーツ指定もありませんし、特別名誉博士でも使えますね。

グレートネイチャーは全体的にかなりいい強化を貰ってると思います。

GRはグレネ使いの評価が気になりますね。

相場的にはグレートネイチャーはやっぱ安くなりそう・・

 

スポンサーリンク