明日はThe AWAKENING ZOOの発売ですね。

今回はネオネクタールのGR枠である四季の花乙姫 ヴェルヘミーナについて書いていきます。

ヴェルヘミーナはタイミングを逃して記事にできなかったんですよね。

普通に書いても今更感があるので、メイデン目線で評価を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

四季の花乙姫 ヴェルヘミーナの性能

G4 15000

【超越】 – ストライドステップ – [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。

【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード2以下の、それぞれ同名の開花能力を持つノーマルユニットを2枚まで探し、前列と後列の別々の(R)にコールする。山札をシャッフルする。

【永】【(V)】【Gブレイク】(4):あなたの前列のリアガードすべてのパワー+5000/クリティカル+1。

 

攻撃時に開花を2枚コール

一つ目のスキルは攻撃時にCB1とフリーペルソナで山札からG2以下の開花能力を持つそれぞれ同名カードを同じ縦列にそれぞれコール。

まずメイデンしかネオネクを持っていない自分としては、開花能力を持つカードしか呼べないのがちょっと残念ですね。

一応開花能力をもつカードを少し混ぜて使うことはできますが、ダマスクローズのエスペシャルの足を引っ張ることが多いです。

リルガを4枚入れて色々試していた時期はあったのですが、どうしても序盤に落ちてしまうときがあります。

もし開花のカードを混ぜて構築するとすれば、リルガかディアンになるでしょうね。

リルガは完全ガードがどうしても必要な時、最悪ヴェルヘミーナで初回強引にサーチすることができます。

ディアンは火力要因として優秀ですが、アーシャやマルユッカと違って24000までしかパワーが上がらないのが渋いですね。

ターン終了時に手札に戻るスキルはソウルを使うので、リエータの足を引っ張ることがあるかも。

フリーペルソナという点は高評価ですね!

GRだから当たり前ですが、メイデンはグロウシャインでGゾーンのメイデン名称を参照するのでかなり助かります。

初回超越でリリィメイデンかロータスメイデンが渋いときはヴェルへミーナは十分に候補に入ると思います。

リエータは終盤に2セット温存しておきたい場面が結構あります。

 

スポンサーリンク

 

GB4で前列のリアがパワーアップ!

もう一つのスキルはGB4で前列のリアガードが5000パンプ、クリティカル+1されるというもの。

パワーが上がるだけなら微妙でしたが、クリティカルが上がるのはメイデンでも活かしていきたいですね。

メイデンは前列のパワーを上げる手段は結構あるので、手札にデイブレイクやグロウシャインなどが揃っているならば、2回目以降の超越の候補になります。

グラジオラスで連パンするのも面白いです。

前列のパンプと☆増加は永続なのでグラジオラスで出したカードもクリティカルで2で攻撃できます。

確かにアーシャなどのデッキよりはパワーが落ちてしまいますが、メイデンでも十分に2回目以降も選択肢に入ると思います。

 

まとめ

四季の花乙姫 ヴェルヘミーナは開花しか呼べないのが渋いですが、メイデンでも使えそうなGユニットですね。

枚数は枠が厳しいですが、2枚は欲しいですね。

大抵の場合は使っても1回でしょう。

The AWAKENING ZOOでメイデンは直接強化は来ませんでしたが、ヴェルヘミーナと銃士のGGはいい強化でした。

メインにはとりあえずリルガを採用してみたいと思います。

CBがかなりきつそうですが、ウォーターポットでなんとかなるっしょ!

とにかく明日が楽しみですね。

開封結果や初動相場など明日更新したいと思います。

>>The AWAKENING ZOOの通販購入はこちらから

 

スポンサーリンク