1日経ちましたが、ヴァンガードG Z 10話「漢のフィニッシュホールド」の感想を書いていこうと思います。

前回はアラタがグレドーラに敗北してしまい、ノアはまたいなくなってしまいました。

今回はカムイとミサキが合流して、グレドーラにリベンジする回ですね。

カムイがファイトするみたいです。

 

スポンサーリンク

 

カムイVSグレドーラ!

ファイトは唐突にスタート!

アラタとマコトは気を失っていますが、途中から気づきます。

カムイは新しいFVのメチャバトラー ビクトヘッドを使っていましたね。

先攻のカムイはズバットバトラー ビクトールにライド。

これも新規のビクトールですね。

メッチャやムッチャとどう違うのか分かんないですがw

左右にリアガードを展開して速攻を仕掛けますが、グレドーラのダメージトリガーで3点どまりに。

グレドーラの初回超越はもちろんオーバーウェルム。

現在品薄でかなり高騰していますね。

オーバーウェルムのスキルで3枚ドロー。

アラタのファイトと同様に1列をコール不可にして、アルキデスでスタンド封じします。

これでカムイは5点に追い込まれてしまいますが、手札を温存しているようでした。

カムイの初回超越はウイニングチャンプ ビクトール。

おそらくThe GALAXY STAR GATEのGR枠でしょう。

ノヴァのスキルでメガコロニーのスタンド封じをかわします。

スキルはリアガードがスタンドした時にそのユニットとヴァンガードをパワー+5000.

GB3で攻撃終了時相手のパワーが一番低いユニットを退却して1ドロー。

グレドーラは完全ガードやGGが攻撃をガード。

グレドーラの返しの超越はゾーア。

カムイは手札をかなり持っていたので、ここはオーバーウェルムの方が良かった気がしますが、アニメの尺と販促の都合でこっちにしたんでしょうね。

アルキデスを99999にして攻撃を仕掛けますが、カムイは完全ガード。

その後の攻撃もGGなどで防ぎ切ります。

グレドーラはGゾーンを失いますが、ダークフェイス(若水)が預かってましたねw

カムイの返しはフェィバリットチャンプ ビクトール。

結局フィニッシャーはこっちなんですねw

グレドーラは最初のヴァンガードの攻撃を4点ノーガード。

その後カムイのユニットは全部スタンドしてまたノーガードしますが、ここで6点ヒール発動!

一瞬カムイの負けかと思いましたが、ドライブチェックでドロートリガーをゲット。

手札が4枚になってフェィバリットのスキルを払えるようになりました。

これでカムイの勝利となりました。

グレドーラはファイトの負けたので、Gゾーンは燃え尽きます。

ドラクマの時は普通に赤く燃えていましたが、今回は緑でしたね。

ゼロスドラゴンを使ってファイトに負けたので、グレドーラは1発退場になりました。

声優が田村ゆかりさんなので、大人の事情があるのかも。

ゲイリ・クートのディフライドが解除されたので、まだ出番はあるかもしれないですが1発退場なのは驚きましたね。

ダークフェイスはグレドーラからゾーアを受け取って逃亡。

チームQ4を恨んでいるみたいなので、近いうちにファイトが見れるかも。

Q4はそろそろミサキのファイトが見たいなと個人的には思いました。

 

スポンサーリンク

 

グレドーラの求婚とイメージ拉致

ファイトの途中カムイの男気を買って求婚していましたね。

カムイはなぜか他の女性からはモテますよねw

ミサキもやれやれって感じでした。

イメージ拉致ではグレドーラの本当の目的が分かりましたね。

ズーのメガコロニーの領土を広くして子供たちをさらに強くするのが目的で、一度クレイをリセットするために使徒になったみたい。

ここら辺はユニット設定で大体わかっていましたけどね。

 

次回はガスティールVS伊吹!

次回のヴァンガードGZ 11話「邪神司教 ガスティール」はガスティールと伊吹のファイトがメインになりそうですね。

竜神烈伝に収録されるガスティールの能力が分かるかもしれないですね。

深闇路線でいくのか、完全に新しい軸になるのか気になるところです。

次回はサボらず感想書いていきたいと思います。

>>竜神烈伝の予約はこちら

 

スポンサーリンク