ヴァンガードG Z 12話「運命という名の呪い」の感想を書いていきたいと思います。

前回は伊吹がガスティールの呪いで物理的にファイトが続行不可能になったところにクロノが駆けつけて終わりましたね。

今回は伊吹のファイトをクロノが受け継いでファイト再開です。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

クロノVSガスティール!

伊吹のファイトを引き継いでクロノがファイトを再開!

クロノがメサイアを使いこなせるか心配でしたが、伊吹とは長年の付き合いなので問題なさそう!

盤面を見ただけで伊吹のイメージしたファイトを把握したみたいです。

クロノの超越は創世竜 バサルティス・メサイアに超越。

アレスターなどリアガードの呪縛と解呪も含めて、5回以上の連続攻撃を仕掛けます。

トリガーもクリティカルとヒールを引いていい感じです。

ヒールで回復したので、伊吹のダメージも少し回復したっぽい。

ガスティールの返しは究極超越で終焉のゼロスドラゴン ダスト。

相手のユニットをすべてG1にして、パワーも1にします。

そしてヴァンガードに1ダメージ。

ガスティールもRで効果を発動してパワーをかなり上げます。

でもクロノは完全ガードなどで凌ぎ切ります。

前のターンに片方の列を呪縛できていたのが大きかったですね。

ダストのせいで手札が0枚になったクロノですが、トップでG3を引いて超越成功!

最後は創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイアに超越。

祈り子やイディアルエゴなどのスキルで盤面に5枚呪縛カードを作って、5万越えのガード制限で勝利!

やっぱハーモニクスゲーなんですねw

 

スポンサーリンク

 

ガスティールは1勝もできず退場!

ゼロスドラゴンを使って敗北したので、ガスティール(日比野 アルテ)は退場!

竜神烈伝の発売は2か月後だし、ガスティールの出番はまだあると思っていたので、ダストは判明しないと思っていましたが・・

やっぱグレドーラと同様にアニメの都合なんでしょうね。

1勝もできずに退場は意外すぎる展開だったなと思います。

ディフライドされていた日比野 アルテはどっかに消えてましたw

 

伊吹のクリスマスプレゼント

伊吹は帰る途中、クロノにダストをプレゼント。

リアルなら普通にうれしいですが、アニメだとどう使っていいか分からないですよね。

使い方は任せると言われてましたが、今後クロノがダストを使うことはあるのでしょうか?

 

次回はカオスブレイカーVSカズマ!

次回のヴァンガードGZ 13話「ギーゼの器」ではカオスブレイカー(ノア)とカズマのファイトがメインになりそうです。

このタイミングでカズマがファイトするということは、ユナサンの使徒はカズマってことですかね?

予告でカオスの新規ユニットが2枚見えていましたし、これはかなり楽しみですね。

ルアードも何か新規カードが分かるかも?

でも来週はアニメはお休みなので、判明はかなり後になりそうです。

 

スポンサーリンク