ヴァンガードGZ 13話「ギーゼの器」の感想を書いていきたいと思います。

前回はクロノと伊吹がガスティールに勝利して、惑星クレイへ帰すことができましたね。

今回は残りの使徒が動き出して、カズマとノアがファイトすることになりそうです。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

使徒たちの陽動作戦

ヴァレオスをはじめとする残りの使徒は海外などで色々仕掛けて、クロノの周りを手薄にする作戦を実行。

当然伊吹側もそのことは把握しているので、クロノはしっかりと護衛を置いたりしていました。

護衛役は鬼丸カズミ。

GZになってから影が薄くなっているので頑張って欲しいですね。

竜神烈伝でシラヌイは強化されるので、今後ファイトする場面はあるかも?

 

葛藤するカズマとタイヨウ

いつものカレー屋さんでのカズマとタイヨウ。

クロノが狙われている中で、同じチームの自分に何かできることはないか悩んでいる様子でした。

最終的には自分たちで使途を倒せばいいという結論になってましたね。

そして歩いている道中にノアと遭遇してファイトが開始します。

 

スポンサーリンク

 

カズマVSノア!

カズマは特に新規カードらしきものを使っていませんでしたね。

竜神烈伝はどう強化されるのか楽しみです。

カズマは先行でクリティカルを引いてノアを5点に追い込むことに成功。

ノアは星輝兵 カオスブレイカー・クローズにライド。

そして初回超越は滅星輝兵 カオスユニバース・アルサーニ。

カズマのユニットを呪縛しつつ、2枚ドローします。

クリティカル、ヒールも引いていい感じでしたね。

ファイトの途中、カズマの手に紋章が出始めました。

どうやらカズマはギーゼの器として認められたみたいです。

まぁ予想はできていましたが、ユナサンのゼロスドラゴンはカズマが使うことになりそう?

カズマの初回超越は竜皇ルアード。

前のターンにクインテッドウォールで儀式7を達成していましたね。

GGを使っている描写がありませんでしたが・・

パワーラインも31000と微妙ですし、ドライブでヒールが見えていたので、ちょっと悪手だったような気がします。

アニメは尺とか色々あるからしょうがないんですけどね。

当然ノアはGGなのでしっかりガードします。

そしてノアの返しの超越はもちろんゼロスドラゴンのスターク。

スキルはヴァンガードのドライブを-2して3回攻撃。

カズマは当然ガードできないのですが、諦めない姿勢は相変わらずでした。

ノアの勝利です。

 

スポンサーリンク

 

カズマはギーゼの器に

なんかペースが急すぎる気がしますがギーゼが降臨。

カズマはギーゼの器になってしまいましたが、ギーゼのカードを使うことになるのでしょうか?

そうなるとギーゼのクランはやっぱクレイエレメンタルなんですかね?

ギーゼのテキストは竜神烈伝発売前まで引っ張っておきたいだろうから、まずはウルティマを使うことになるかも。

 

次回はクロノVSカズマ(ギーゼ)!

次回のヴァンガードGZ 14話「終わりの始まり」はクロノとギーゼの器になったカズマのファイトがメインになりそう。

ギアクロ、シャドパラ両方とも竜神烈伝で強化が決まっているので、そろそろ新規カードが見たいですよね。

クロノが勝つとは思いますが、その後の展開が正直読めないですね。

 

スポンサーリンク