ヴァンガードGZ 19話「道化師の選択」の感想を書いていきたいと思います。

前回はミサキがダークフェイスに勝利し、惑星クレイに帰してゾーアを確保することができましたね。

今回はアイチ&櫂とカオスブレイカーのファイトがメインになります。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

アイチ&櫂VSカオスブレイカー!

映画のような1vs2のタッグファイトですね。

ダメージが9点になったら敗北、アイチと櫂のダメージは合算、ターンは櫂→ノア→アイチの順番で行います。

アタックは直前ターンのファイターにのみ可能。

櫂はドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”にライド。

個人的な感想としては因縁のあるカオスブレイカーにはディセンダントで戦って欲しかった。

アイチの初回超越は神聖騎士 ガンスロッド・ピースセイバー。

特に新規カードはありませんでした。

アイチも3期を意識してガルモールを使って欲しかったです。

呪縛にも強いですしね。

カオスブレイカーはアイチにダメージを優先して与えて、櫂にはリアガードばかりを潰してCBを与えない戦法を取っていました。

アイチと櫂は合わせて9点になったら負けなので、賢い戦略ですね。

カオスブレイカーの初回超越は滅星輝兵 カオスユニバース・アルサーニ。

これはリアガードのいない櫂にスキルを使って2枚ドロー。

アイアンなど一気にリアガードを展開し、アイチの前列も呪縛。

櫂はデステニーのスキルでアイチの呪縛カードをドロップゾーンへ。

覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”に超越しますが、CBがないせいで超越ボーナスは使えていなかったですね。

ですがパージのスキルで1ダメージ、ダブクリで3ダメージを与えて8点まで追い込みます。

ノアは星葬のゼロスドラゴン スタークに究極超越。

前のターンにGガーディアンを使っている描写はありませんでしたけどね。

ガンスで攻めたターンに使ってたんですかね?

ちょっとよく分かりませんが、櫂は1回目をノーガード、2回目を完全ガード、3回目をアイチのGガーディアンと残り手札で防ぎ切ります。

味方もガードしていいルールあったんですね。

どうでもいいんですが、櫂のデッキにスプリットバーンが入っていることが正直気にくわなかったですw

やっぱ櫂君はブルーレイとターのイメージがあるので。

クリティカルを12枚入れているなら分かりますが、やっぱターにして欲しかった・・

アイチは聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバーに超越。

デステニーのスキルで空いたサークルにエクシードをコールして、ツインドライブを付与。

エクシードの攻撃をカオスブレイカーが1枚貫通でガードしますが、アイチがクリティカルを引いて勝利。

櫂がアイチのドライブチェックを確認する前に「ゲット。クリティカルトリガー。」と言う描写は印象的でしたね。

 

スポンサーリンク

 

ノアをついに救出!

ディフライドが解けたノアはついに新ニッポンのもとへ!

今までディフライドした人間は全員気を失っていましたが、今回は違いましたね。

カオスブレイカーが惑星クレイに帰る前に意識を取り戻してたからかな?

とにかくよかったですね。

 

ゼロスドラゴンはギーゼのもとへ

カオスブレイカーのおきみあげでギーゼのもとにゼロスドラゴンが終結。

カムイが大事に握ってたゾーアも消えてギーゼのもとへ。

鬼丸とギーゼのファイトはもう始まっていますが、デッキに入れるんですかね?

ていうかゼロスドラゴン守ってた意味とは一体・・

 

次回はギーゼVS鬼丸!

次回のヴァンガードGZ 20話「破壊の竜神 ギーゼ」はギーゼと鬼丸のファイトがメインになりそう。

ゼロスドラゴンが全部揃ったのでギーゼが降臨するのでしょうか?

新規カードは竜神烈伝発売後なのでなさそうですね。

来週は放送休止らしいので注意です。

 

スポンサーリンク